CHECK

映像制作に興味がある方必見!職種・収入・制作の流れ・学校などお役立ち情報を紹介

スマートフォンやパソコンが普及した昨今、動画制作は欠かすことができないものとなっています。
動画を制作することで効果的に宣伝広告ができ、販促に大きく貢献することもあります。
また動画があることで、取扱説明書の代わりになり、エンドユーザーに親身で丁寧な使い方をレクチャーすることも可能となってるんです。
当サイトでは今の時代に不可欠な映像制作の収入や適性などについてご紹介します。
これからこの業界を志す方に少しでも役立てることを願ってます。

映像制作に興味がある方必見!職種・収入・制作の流れ・学校などお役立ち情報を紹介

映像制作のニーズはネット通販の普及でますます高まっています。
それゆえこの業界の求人数も多くなっているのが現状です。
専門学校で動画編集を専門に勉強した人は、映像制作会社に就職を果たすことが出来る人もいます。
だが人気の職種ゆえに競争率も高いので、さらに芸術的センスを磨きコンペなど受賞歴を作って就活に臨む必要もあります。
ただ人気の職業であるからと言って収入が高いものでもありません。
初任給は手取り15万を切ることも多く、下積みが長い職業であることも心得ておきましょう。

映像制作業界にはどんな職種がある?

映像制作業界には、たくさんの人たちが働いています。
この業界を目指そうと考えている人の中には、一体どんな職種があるのだろうと気になっている方もいるかもしれません。
映像制作業界の職種は、大きく分けて制作系スタッフと技術系スタッフの2種類があります。
技術系は、動画クリエイターやGCクリエイターなど実際に作業を行う職種です。
近年は3DCGデザイナーや3Dモデラーや3Dアニメーターなどの需要も高まっています。
エフェクトアーティストやコンポジターなどが活躍している現場もあります。
カメラマンや音響スタッフや照明スタッフなども映像制作に欠かせない職業です。
制作系の職種は、監督やディレクターやプロデューサーなどです。
ディレクターを補佐するアシスタントがいる現場も多いです。
中でも監督は撮影現場や制作現場を取り仕切る重要なポジションとなるため、責任重大です。
大変な仕事ですがやりがいも感じられる職種といえるでしょう。

映像制作を仕事にするとどのようなやりがいが得られる?

最近はインターネットなどで動画公開がよく行われるようになってきました。
時間が経つにつれて、様々な凝った映像なども見ることができるようになりました。
中にはそのようなことで大変な有名人になった人もいます。
これらの人たちに共通することは、映像制作大変長く続けてきたということです。
その人達が作った映像が多くの人たちに興味を与え、場合によっては感動するさせることができます。
映像制作する人たちにとっての一つのモチベーションは、このように多くの人達に興味や感動を与えることができることです。
動画作成自体は大変地味で面倒な仕事なのですが、このような魅力があるから続けられるものです。
そのようなことを続けていくうちに、自らのセンスを磨かれることになりさらに効果的な映像制作を行えるようになり、時間が経つにつれて映像の質があって行くということも、クリエイターの満足を引き出すことになって行きます。
このような魅力があることかな、多くの映像クリエイターは映像を作り続けています。

映像制作ではどのような作品を作るのか?

映像制作の仕事にはどのような種類があるのでしょうか?大きく分けてテレビや映画などのコンテンツ作品、コマーシャルのような宣伝映像、ミュージックビデオがあります。
今後映像を作る業界に携わりたいと希望している人にとって、どの方向に進むべきか選びにくいかもしれません。
そこで重要になるのが、映画、テレビ、コマーシャルのそれぞれの作業量の違いです。
映画なら約2時間、テレビなら1時間程度、テレビCMは数十秒、MVなら数分です。
この時間の差によって、当然仕事内容の大変さや扱う素材、求められるスキルが異なるからです。
そのため、どの分野の映像制作において自分が持っている技量を発揮できるのか検討してみましょう。
企画力やプレゼンテーションに自信があるのならテレビ局で番組の作成をするのが良いですし、イラストレーションのスキルがあればアニメ制作に生かすことができます。
何よりも、自分がそんな世界観をもって作品を作り上げたいと思っているのかが重要です。
オリジナルティの高い作品はどの業界でも需要が高いですから。

企画から納品まで映像制作の具体的なスケジュール

初心者の中には、映像制作に関する具体的な流れを知りたいという方もいるのではないでしょうか。
現場では、いきなり撮影や編集からスタートすることはありません。
どの映像制作会社でもまず最初にやることは、企画です。
しっかりとした企画書を作ってから、その後の具体的な流れを決めていくのが一般的です。
企画を立てる際には、予算やスタッフの配置なども決めておきます。
企画書ができたら、次はターゲット選定をしたりシナリオなどを作成していきます。
その後シナリオを元にして撮影のスケジュールを立ててから、実際に撮影を行います。
撮影が完了したら、次は編集作業です。
編集によって映像の良し悪しが決まってしまうこともあるため、慎重に作業を行わなくてはなりません。
映像が完成したら、納品前に最終チェックを行います。
ミスや漏れがないかを細かく確認して、万一問題が見つかった場合には、すぐに修正作業に取り掛かります。
クライアントへの確認を行って問題がなければ、納品して完了となります。

映像制作に関する情報サイト
映像制作のお役立ち情報

スマートフォンやパソコンが普及した昨今、動画制作は欠かすことができないものとなっています。
動画を制作することで効果的に宣伝広告ができ、販促に大きく貢献することもあります。
また動画があることで、取扱説明書の代わりになり、エンドユーザーに親身で丁寧な使い方をレクチャーすることも可能となってるんです。
当サイトでは今の時代に不可欠な映像制作の収入や適性などについてご紹介します。
これからこの業界を志す方に少しでも役立てることを願ってます。

Search